2019年

3月

18日

お姉ちゃんは変顔大好き!

お弁当スタート!

お姉ちゃんが通っている幼稚園はママがお弁当を作ることになっています。

 

今はプレ幼稚園なので週一回だけですが、先月からお弁当がスタートしました。

 

お姉ちゃんは食べることが大好きで焼き肉からトマト、漬物となんでも食べます。

 

果たして幼稚園でもしっかり食べてこられるでしょうか?

 

 

初日は上手く要領が掴めなかったのか半分残して帰ってきました。

 

先生からは「たぶん全部食べられたと思いますが、他の子が遊びだしたりして少し焦ったのかもしれません」という報告を受けました。

 

実はお姉ちゃんは食べるのがゆっくりなんです。

これはとても良い点で1時間位平気で座ってゆっくり食べ続けることができます。(^_-)

 

ですが幼稚園になるとまた別です。

翌週はどうだったでしょうか?

 

なんと完食して帰ってきました(その後毎週)!

妻は大喜び♪

 

完食してくれるとママは作り甲斐がありますよね。

 

 

お姉ちゃんの変顔3連発

元気一杯のお姉ちゃんは「変顔」が大好きです。

 

もとはというと私が娘たちを笑わせるために、赤ちゃんの頃から変顔をしていたのが発端だと思います。

今でもふざけてやっているので、それが移ったのだと思います。

 

写真を撮ろうとすると必ずふざけて変顔をします。 

     全力で変顔をするので我が家では大爆笑です。

そして次女もそんなお姉ちゃんが大好きなようで、ハイハイしながら近寄っていきます。

いったいこの子はどんな子に育つのでしょうか?(笑)

 

そんな娘との一番大切な時間があります。

 

それは「お歌」です。

 

長女が3歳ということもあり色々な歌を覚え一人でも歌えるようになりました。

私は手拍子をしながら娘の独唱を聞くのが最近の一番の楽しみです。

 

 

よく洋画で親が子供に「おまえの歌を聞かせておくれ」と言って、

歌い終わった後に「おまえの歌声は世界一だ。お前を誇りに思う。」というシーンがありますが、

私はこれまでは「親とはそういうものなんだろうな」位の共感しかありませんでした。

 

ですが、今ではあのシーンに心から共感しています。

 

娘が一生懸命最後まで歌を歌っている姿を見る、歌声を聴く、その世界を共有している時間がいかに愛おしいかをひしひしと感じています。

最近は私が何回も歌をリクエストするので娘は逃げ出しますが…(笑)

何事もほどほどが大事ですね。

 

 

 

是非、皆様の最近あった幸せな瞬間がありましたら教えてください。(^_-)

 

ールにて詳細とお写真を送って頂けますとこちらの紙面にて読者の皆様とシェアさせていただきます。

 

ママの青汁を通して幸せの輪を広げていきましょう!

 

 

お待ちしております。(*^^*) 

 

 

2019年

2月

11日

お正月の過ごし方

我が家のお正月はどこかに温泉旅行や里帰りではなく、

 

東京近郊の遊園地で遊ぶという過ごし方でした。

 

というのも娘に「どこに遊びに行きたい?」と聞くと遊園地と答えたからです。

 

私個人は娘に遊園地というものを教えた記憶はありません。

 

どうやらプレ幼稚園のお友達との会話でディズニーランドなどそういった遊園地の話がでて娘が覚えたようです。

 

パパが娘と一緒にいられる時間は限られているので、

 

気が付くと会話に置いてけぼりの事が良くあります。

 

 

それはさておき、新年に行ったのは練馬区にある「豊島園」、稲城市の「みようりランド」です。

 

豊島園は幼児が乗れる乗り物がたくさんありました。

 

遊園地デビュー(3歳以降)には最適だと思います。

 

 

そしてその他にも、「ヒヨコ」と触れ合えたり、ポニーに乗ることができます。

 

娘は動物が大好きなのでとても喜んでいました!!(*^。^*)

ちなみに私も遊園地が大好きです。

ジョットコースターに乗って両手をあげてウォーーーとか叫びます。(笑)

 

反対に妻は絶叫系がとても苦手です。

メリーゴーランドでさえ怖いレベルです。

 

 

そのため、自然と妻が赤ちゃんの面倒を見て、

私がお姉ちゃんと二人で乗り物に乗りまくりました。

 

3歳にもなると順番ということが理解できるので、

早く乗りたい云々言いながらもしっかり並んで待つことができました。

もちろん抱っこ攻撃に合いますが。(苦笑)

 

 

そしてお姉ちゃんは早目におむつが取れたためパンツでしたが、

 

漏らすことなくおトイレもバッチリでした。

 

 

 

 

一人でも乗り物デビュー!

「よみうりランド」では一人で乗り物デビューしました。

 

確か3歳以上で身長90以上という制限があった気がします。

 

最初はちょっと不安そうな表情をしていましたが、この写真の通り笑顔で乗れました。

 

 

新年ということもあり当日は「餅つきイベント」「夜のイルミネーション」「パレード」と一日中遊べました。

 

イルミネーションはとても綺麗でこれだけでも一見の価値ありです。

 

年末年始は毎日一緒にいて外出したので、また娘と一歩距離が縮まった気がします。

 

今年もパパは頑張るぞーと思える良いスタートを切ることができました。(^_^)/  

2019年

1月

12日

You can do it!

新年あけましておめでとうございます。

2019年も「ママの青汁」そして「ママの青汁便り」をお届けできることを嬉しく思います。

 

さて、長女はお陰様で3歳になりました。

本当に元気一杯のおてんば娘で、我が強いので毎日叱っては泣いています。

 

ですがこうして仕事をして離れているとお姉ちゃんが恋しくなります。

これが親であり愛情なのですね。♡ 

 

 

 

 

長女は英会話に通っています。

実は私が英語を勉強していることもあり、長女は「英会話」に通っています。

 

通い始めのころの受講態度は大変なものでした。

 

2歳半ですから当然と言えば当然なのですが、

じっと座ることはできず受講中は教室を走りまくり、

Hello」はもちろん英語は一言も話せず、

先生と会話する時は恥ずかしくて親の後ろに隠れる等、散々な状態でした。

 

妻からは「意味あるの?」と言われる始末…。

 

 

そして半年後…

すが私は諦めませんでした。

 

というのも私自身幼少期に英会話に通っていたので、

必ず将来必要になるし、通ってよかったと思えるという確信がありました(ですが英語を話せるかどうかはまた別の話(笑))。

 

簡単な英語で積極的に話しかけること約半年、

お姉ちゃんの英語はとても上達しました。

 

例えば

Hello , Good morning , Byby , See you , Thank you , Your welcome , I am sorry , May I ? ,Sure , Carry me , Please」などなど意味を理解して使えるようになりました。

 

英会話に通って約半年で妻の英語力を抜きました!(笑)

 

 

 

私の一つの夢として英語力があるのですが、いつの日か娘と英語だけで会話をし、

お互いに磨き合えればなと思っています。

 

ということで、ここで読者の皆様に宣言します。

 

2019年の平林の目標は「英語を毎日5分~声に出して練習する」にしました。

 

自分にプレッシャーをかけないとやらないで、

皆さまの厳しい視線を糧に頑張ります。(*^^*)

 

 

青汁を毎日飲んでいますか?

話は変わりますがママの青汁を「毎日」飲んでいますか?

 

私たちは主に妊娠中の方、授乳中の方向けに「オーガニック青汁」の販売も行っています。

 

と言いますのも、

そもそも私が国産のオーガニック青汁を販売しようと思ったきっかけが「妻の妊娠」だったからです。

 

妻は妊娠をきっかけに生ものやカフェイン等を控えるというだけではなく、

栄養価が高く安全なものを食べるように意識が変わりました。

 

積極的に野菜を摂るようになり我が家の食卓は自然と和食中心になりました。

 

 

そして妻は妊娠をきっかけに青汁を飲みだしたのですが、

味見をしてびっくりしました。

ジュースの様にとても甘かったからです。

 

原材料を確認してみると緑黄色野菜ではないものが大半を占め、

お腹の赤ちゃんの為に飲むにしてはお世辞にもお勧めできるものではありませんでした。

 

そこで青汁の原材料は何がベストなのか、

理想的な栽培方法は何かを徹底的に調べ上げ、

現地に足を運び、自分の目で安心安全を確かめました。

 

幸い愛媛県にて有機栽培(オーガニック)をしている農家さんとご縁ができ、

弊社の理念に共感いただき「ママの青汁」を作ることができました。

 

栄養価の高さと安全性は日本最高峰ですので自信を持ってお勧めできます。(^_^)/

 

 

毎日飲むコツとは…

とは言っても「毎日飲む」という行動をし続けるのはなかなか難しいものです。

心のスイッチを押し続けなければいけないからです。

 

そこで大事なのが「飲む習慣づけ」なのですが、

習慣づけるためには「パターン化」するのが一番です。

 

朝食と一緒に飲んでから会社に行く、

入浴後に飲む、

飲んでから歯磨きをする等、

いつも必ずする習慣と「一緒」にするのがポイントです。

 

新たな習慣を作るよりも、既にある習慣にくっつけて行う方が簡単です。

 

更に自分のためだけでなく、子供のため、

パートナーのためというように身近な人の為に青汁を作ってあげて、

一緒に飲むようにすると尚良いです。

 

皆で飲む習慣を分かち合い、

青汁の良さを共有することで楽しく飲むことができます。

 

是非、2019年も私と一緒に毎日青汁を飲みましょう。

 

周りに飲んでいない友人がいたら是非勧めてください。

皆で健康元気で幸せな一年にしていきましょう。(*^_^*)

 

 

2018年

12月

17日

忘年会の様子

12月13日(木)に会社の忘年会を開催しました。(*^_^*)

 

現在、総勢9名にて運営を行っています。

代表兼受付の私、平林以外は全員女性です。

 

その理由はもちろん私たちの会社の理念が「産後ママから家族へ、家族から日本の未来に貢献する」だからです。

この理念に共感し、この仕事に遣り甲斐を感じる者のチームです。(*^_^*)

 

 

開催場所は新宿駅そばの「TOKYO KITCHEN」にて。

ここは全席禁煙なので妊婦さんに優しい場所です。

全席禁煙で食事が美味しくて雰囲気が良いところは希少なので有難いです。

 

 

 

今年はサプライズを用意しました!

実は「産後骨盤矯正」のお客様に密かにお願いをしていたことがあります。

 

 

内容はこちら。

↓ ↓ ↓

 

 

★…━…━…━★…━…━…━★…━…━…━★

 

担当者に対して「一言ラブレター」を頂けませんか?

 

 

あなたが骨盤矯正を受けて良かった点、

 

または担当者の人柄等お褒めの言葉や励ましの言葉を

 

一言でいいので本メールに返信ください。

 

 

・担当者名(忘れてしまったら特徴でもOK)

 

・一言ラブレター(受けて良かった点、人柄等お褒めの言葉、励ましの言葉)

 

 

例)

 

担当者名:南さん

 

一言ラブレター:腰痛がとっても軽くなりました。

 

心遣いと優しい笑顔に癒されました。

 

移動は大変だと思いますが頑張ってください!

 

…等。

 

 

 

頂戴した「リアルラブレター」を忘年会の時に、

 

各先生にサプライズプレゼントしたいと思います。

 

 

というのもあなたの声が私たちの一番の元気になるためです!

 

来年も一生懸命働くための心のエネルギーになります!!

 

★…━…━…━★…━…━…━★…━…━…━★

 

 

 

その結果は…

なんと合計で「29通」もラブレターを頂きました。

 

ご協力くださった皆様本当に有難うございました。

そして有難いことにすべての担当者に漏れなく頂戴しました。

一人一人がお客様のためにと一生懸命施術した結果がちゃんと返ってきたのだと思います。

皆嬉しそうに読んでいました。

この時が一番盛り上がり、温かい雰囲気に包まれました。

 

お客様からの「ありがとう」を手紙に残すことで、かけがえのない心のエネルギーを得ることができました。

これで新年も元気一杯で働くことが出来そうです!(*^_^*)

 

 

今年も残りわずかです。

クリスマス、年末年始と夫婦そしてお子様と仲良く、そして元気に過ごしていきましょう!

 

 

 

2018年

11月

12日

11月と言えば結婚4周年、長女は3歳の誕生日。

実は先月、

 

下の娘がたったの4ヵ月で風邪デビューをしてしまいました。(*_*)

 

 

 

そもそもはお姉ちゃんが1年ぶりに

 

38度の熱が出たことからスタートしました。

 

 

お姉ちゃんは赤ちゃんの頃からそうなのですが、

 

本当によく食べる子です。

 

 

ご飯、お肉(から揚げ、焼き肉)はもちろん、

 

お野菜(たまねぎ、ほうれん草、ブロッコリー、

 

ピーマン、大根、人参、きのこ、

 

最近はトマトにはまっています。)も

 

しっかり食べます。

 

 

熱があっても食欲は落ちず、

 

良く食べ良く寝るのでほぼ2日で元気になりました。

 

 

 

娘の回復っぷりを見ると、

 

健康の基本は「食」だなと痛感させられます。

 

 

 

さて、元気な娘はおてんば娘でもあるので、

 

わざと次女のそばで咳をしたりします。

 

 

何度も叱りますが、

 

忘れた頃にまた咳を…。

 

 

 

風邪がうつったら嫌だなと思っていたら、

 

案の定次女が咳をし始めました。

 

 

幸い熱は微熱程度ですんだのですが、

 

咳が想像以上にひどく、

 

寝たと思ったら咳き込む、

 

一度咳き込むとしばらく続き、

 

そして咳が吐き気を誘発するという繰り返しで

 

本当に可愛そうな状況でした。

 

 

 

幸い症状は3日目から好転し、

 

その後は一気によくなりました。

 

 

親としては我が子の辛い様子を見るのは本当に辛いですね。

 

まずは私たちが風邪を引かないようにうがい、手洗い、

 

そして体調を管理をしっかりとしていきたいと思います。

 

 

 

 

11月は我が家にとって特別な月

さて、11月は我が家にとって特別な月です。

 

 

まず結婚記念日、そして長女の誕生日、

 

最後に私の誕生日、

 

もう一つ言うと会社の設立日でもあります。

                                         

 

このように私の誕生日が最後のため、

 

いつも質素に終わります。(^_^;)

                                         

 

 

コース料理で言うとメインディッシュが終わり、

 

美味しいデザートも食べ、

 

締めのコーヒーが私の誕生日のようなものです。

 

 

 

十分満喫した後の余韻であり、

 

飲み終わったら帰りましょう的な…。

 

 

私の誕生日がメインディッシュになる日は

 

もう二度なる日は二度と来ません。(失笑)

 

 

 

私のことはさておき、

 

今号では決して妻には言うことはない、

 

感謝の思いを読者の皆様に綴りたいと思います。(笑)

 

 

 

決して当たり前ではない「ありがとう」

前々月号で触れましたが、

 

我が家は喧嘩夫婦です。

 

 

写真ではにこやかに笑っていますが、

 

自宅に帰ると…。

 

 

つい先日も喧嘩をしました。

 

私の仕事の帰りが遅くなり、

 

それが続くと私にも妻にも育児の余裕が無くなり、

 

お互いにぶつけ合ってしまうようです。

 

 

わかっちゃいるんですけどね。<(_ _)>  

 

 

 

妻のお陰でお姉ちゃんを授かりました。

 

妻のお陰で下の娘を授かりました。

 

どちらも元気で健康な赤ちゃんを産んでくれました。

 

 

母乳育児で毎晩何度も起きてはおむつを替えて、

 

おっぱいをあげて、

 

また寝かしつけてと眠いにも関わらず

 

文句を言わずにやってのけます。

 

 

妻が娘たちを心から愛し、

 

娘たちも心からママを愛しているのがわかります。

 

 

娘たちが体調を崩しても慌てずに対応してくれます。

 

自分の洋服や趣味、

 

好きなことを全て後回しにし、

 

娘たちを最優先に考え行動してくれます。

 

そしてそれは苦や我慢ではなく当然のこととして行っています。

 

その姿に感銘を受け、励まされています。

 

 

ほぼ毎日文句を言わずにご飯と家事をしてくれます。

 

お弁当も冷食中心だけど出来る限り作ってくれます。

 

たまに「これは当たり前じゃないからね」と

 

アピールしてきますが、

 

本当にそう思います。

 

私はその全てのことに心から感謝しています。

 

 

当たり前じゃない日常の努力を

 

当たり前のように提供してくれていることに

 

感謝の気持ちでいっぱいです。

 

 

ありがとう。

 

 

 

このお便りがお手元に届くころ、

 

きっと私たちは結婚記念日をお祝いしていることと思います。

 

 

こう見えて私、

 

昔はそれなりにロマンチストだったのです。

 

 

最近はその鳴りを潜めていましたが、

 

今月号を書きながら

 

感謝の気持ちは伝えなければ意味がないと思い直し、

 

プチサプライズをしようと考えています。

 

 

どんなイベントになったかは12月号にてお伝えしますね。(^_^)/

 

 

 

 

2018年

10月

29日

乗馬体験

先日、宮崎県に家族旅行に行ってきました。

 

次女は初めての飛行機でしたがなんとななんとか乗り切ました。

 

お姉ちゃんは飛行機慣れしてきたせいかとてもお利口さんでした。!(^^)!

 

 

そして、宮崎と言えばマンゴー、宮崎牛、チキン南蛮、地鳥ということでグルメを堪能してきました!

 

 

お姉ちゃんは初めて馬に乗りました。

初めての乗馬でしたがその大きさに怖がることなく、なでなでをし楽しそうに乗っていました。

凄い!

 

そしてえさやり体験も。

お馬さんの名前はタケル君。

 

タケル君、ありがとーーー(*^_^*)

 

 

 

2018年

10月

17日

寝返り

次女は生後4か月で寝返りを完璧にできるようになりました!

 

最初は足をバタバタしているだけ、

 

次は体を反るようになる、

 

そしていつの間にか横向きになれるようになり、

 

最後はうつ伏せに、

 

手を抜けなかったはずがコツを覚え完璧な寝返りに。(^_^)/

 

 

赤ちゃんの成長は本当に不思議ですね。

 

誰も教えていないんですけどね…。

 

 

 

次女も少しずつを顔を覚えだし、ママとパパの顔はしっかり認識してくれるようになりました。

 

家に帰って目が合うと笑ってくれます。

 

抱っこしようとすると手を動かして、顔もニコニコします。

 

親として最幸の瞬間です。

 

 

今日も仕事もパパも頑張ります!(*^。^*)

 

 

 

2018年

10月

07日

ウエスト周りはすごく小さくなった!

本日は4回コースを受けられた二人のママさんより動画にて喜びの声を頂戴しましたので、そのお声を皆さまと分かち合わせてください。

 

 

■お一人目

 

実際の動画はこちら

https://youtu.be/UBFSg2Nb_zQ

 

 

Q1:ママの骨盤矯正を選んだ理由は何ですか?

 

私のお友達が産後にこちらの骨盤矯正をやっていただいたということで、すごく彼女が1人目の時は体重の戻りが結構遅かったんですけど、2人目産んだ後にすごい細くなっててどうしたのと聞いたらこの骨盤矯正だと聞いて、すごく興味があったので私もやってもらいました。

 

 

 

Q2:産後の辛い症状、お悩みを教えてください。

 

産後は骨盤が開いちゃってたみたいで、くしゃみとかがでると尿漏れをするようになっていて、

あと生理の時とかもすごい勢いで血がでてきてしまったりとか、とにかくそういうのがしばらく治らなくって、

でもこちらの骨盤矯正をやってからはそういう症状も全然なくなったので本当によかったなと思います。

 

 

 

Q3:骨盤矯正後、何が変わりましたか?

 

体重はそんなに目立って落ちてるって感じはしないんですけど、ウエスト周りはすごく小さくなったみたいで、お尻周りとかが小さくなったみたいで、今まで結構きつかったズボンとかがなぜかはいっちゃったりとか、昔の自分の学生時代の歩き方を何となく思い出したというか、体の感覚がすごく昔に近づいている感じがしてすごいなと思っています。

 

 

 

Q4:この骨盤矯正をどんな方にお薦めしたいですか?

 

私は産後しばらく経った後に施術をしてもらったんですけど、やっぱり産後直後はすごく体も動きやすいと思うので赤ちゃんを産んだ直後のお友達がいたら紹介してあげたいなと思っています。

 

 

 

 

 

■お二人目

 

実際の動画はこちら

https://youtu.be/Tur89OC0_Ug

 

 

Q1:ママの骨盤矯正を選んだ理由は何ですか?

 

自宅でできる骨盤矯正を探していてこちらは女性の先生が来てくださるっていう点と、授乳・おむつ替えが出来るという点が安心だと思い決めました。

実際に女性の先生が毎回来てくださるので私自身も子供もとてもリラックスした状態で受けることが出来、子連れで外出をするという気苦労がなく出来たのでとてもよかったです。

 

 

 

Q2:産後の辛い症状、お悩みを教えてください。

 

慣れない育児で全身がとても疲れていたことと、今まで持っていたデニムが全てはいらなくなってしまったことをすごく悩んでいました。

 

 

 

Q3:骨盤矯正後、何が変わりましたか?

 

まず1回目の体験のあとでbefore/afterをみて、お尻が上がって小さくなったことを実感してコース終了後には今まで持っていた服がまたはいるようになりました。

 

 

 

Q4:この骨盤矯正をどんな方にお薦めしたいですか?

 

産後少しでも不調があるママさんに、子連れで外出が出来なくても自宅で安心して受けることが出来るのでとてもお勧めです。

 

 

 

 

嬉しいお言葉を頂き光栄でございます。(^_^)
今後も多くの産後ママさんのお役にたてるように精一杯精進してまいります。

 

 

 

2018年

9月

17日

子供が思うように青汁を飲んでくれない

最近、ご愛飲者様より頂く声に

 

「子供が思うように飲んでくれない」というものがあります。

 

 

我が家ももうすぐ3歳になるお姉ちゃんと

 

4ヵ月の赤ちゃん(次女)がいます。

 

 

お姉ちゃんは離乳食が始まりだした頃からあげていたこともあり、

 

今でも何の抵抗もなく飲んでくれます。

 

 

家にドリンクバーのおもちゃがあり、

 

コップの中身が緑色のものがあります。

 

 

それをお姉ちゃんは”あおじる”と言います。(笑) 

 

 

その位日常的になったものの、

 

カルピスやオレンジジュース、

 

チョコレートなど甘いものを食べるようになった今では、

 

前と違ってあまり青汁を積極的に飲みたがらなくなりました。

 

 

 

小さいうちは健康のためにといっても言うことを聞いてくれません。

 

 

さて、困ったなということで

 

我が家ではあげるタイミングを工夫してみました。

 

 

 

「入浴中」なら飲む飲む!

今まではお風呂上りに一緒に作って飲む

 

というのが習慣でした。

 

(先程の理由から甘い飲み物を欲しがり飲まなくなりました)

 

 

 

そこで「入浴中」に変更しました。

 

お姉ちゃんはお風呂遊びが大好きなのでいっぱい汗をかきます。

 

のどが渇くときならよく飲んでくれるだろうという作戦です。(^_^) 

 

 

結果的には約150mlをごくごく飲んでくれました。

 

 

そして毎日飲む習慣が復活してから、

 

おトイレでもスッキリする日が続いています。

 

 

現在は幼稚園が始まるのでお姉さんパンツに挑戦中です。

 

何度か失敗はありますが根気強く頑張っているところです。

 

 

 

妻が自主的に飲み始めました!(^_-)

さて、次は妻の話です。

 

なんと妻が自分から青汁を作って飲み始めたのです。(>_<) 

 

 

今まで約3年間ずーっと私が作ってあげていました。

 

私が妊娠中の妻とお腹の赤ちゃんのためにと思い作った青汁なので、

 

妻にとってはそこまで思い入れもなく作ってもらって当然

 

という感覚だったのかもしれません。 

 

 

 

きっかけは次女ひまりのお通じが悪くなったことでした。

 

生後2か月までは順調だったのですが

 

3か月目辺りから出ない日が続きました。

 

 

ちょうどその頃、

 

私が青汁を作るのをさぼっていました…汗。

 

 

ちょっと飲む習慣が途切れたら面倒くさくなってしまったのです。

 

(今は復活していますよ!)

 

 

 

最近、青汁を飲んでいないからだ!

次女のうんちがでないと悩んでいた妻は、

 

「最近、青汁を飲んでいないからだ!」と思ったらしく

 

自分で作り飲み始めました(母乳育児)。

 

 

飲み始めて2日後、久しぶりにお通じが出ましたー!!

 

赤ちゃんの場合、お通じが出ると皆で大喜び!(^^)! 

 

 

妻曰く、青汁を飲んでいるときと飲んでいない時では

 

赤ちゃんのお通じの出が違うとのこと。

 

 

それを実感したため我が子のためにと

 

自分から青汁を作って飲むようになったのです。

 

 

やはり飲み続けることが一番ですね。!(^^)!

 

 

 

手前味噌で恐縮ですが本日のブログで紹介している青汁はこちら

 

 

 

2018年

8月

20日

二人目は夫婦喧嘩が減りました。

ひまり」が2か月過ぎた頃から笑ってくれるようになりました!

 

赤ちゃんの笑顔を見たら、こんなにも温かく優しい気持ちになるのですね。

二人目ということもあり「さくら」の時よりもずっと子育てを楽しむ余裕があります。

 

正直、さくらの時は楽しむ余裕はありませんでした。

この大変な時期はいつまで続くのだろうかとそんなことばかり考えていました。

 

 

 

パパなりの葛藤とは

さて、本日はその頃を振り返り私が感じた子育ての苦悩をお伝えしたいと思います。

 

一人目を授かった時、妻から「パパになる準備しといてね」と言われました。

「うん」と返事をした私はいったい何をすればいいのかわからず、?の状態でした。

 

育児書を読むこと?

威厳のある雰囲気を出すこと?

パパらしい服装をすること?

 

特にカラダの変化がない男性からすると、妻のお腹が大きくなっても、エコーで我が子を見ても、今一つ実感がありませんでした。

 

一人目は里帰り出産のため、私が育児に本格参戦したのは3か月目から。

「パパとは」がいまいちわからないまま、私の育児は始まりました。

 

例えば「抱っこ」。

一番簡単そうですがそうは問屋が卸さない。

男性が赤ちゃんを抱っこする場合、ただ抱っこしただけでは赤ちゃんは寝てくれません。

 

 

 

パパが抱っこする時のコツ

男性のカラダは女性と比べて硬くゴツゴツしているので、直接腕で抱っこするよりも赤ちゃん用の柔らかいクッション等を敷いて抱っこするのがベターです。

 

赤ちゃんは体温が高く直ぐに汗をかいて湿疹ができるので、首の下にはタオルを入れます。

 

そして新生児は首がすわっていないため縦抱きはNG、また頭をあまり揺らすことはできないので優しく上下、または横スイング、脚だけ小刻みに揺らすようにします。

 

そして何より重要なことは立って抱くこと、ベストは歩くことです。

さらには赤ちゃんは抱いてほしい時に泣くよーという意味の本泣き前の声を出します。

その時にまだ大丈夫だろうと放置せずに直ぐに抱っこすると後々がとても楽になります。

 

またいつも同じ腕で頭を抱っこするのではなく、定期的に向きを変えて疲労を分散させます。

 

向きを変えるときは赤ちゃんの指が自分のカラダに引っかからないように細心の注意が必要です。

特に眠い時やテレビを見てる等注意散漫な時は特にです。

 

当時はこういったことが全く分からず、抱っこしながら泣き止まない我が子にイライラ、雑に抱っこするから余計に泣く、妻は不機嫌になり喧嘩するという悪循環でした。

 

 

 

シャワーノズルが飛んできたことも

繰り返しですが一人目の時は全てが初体験で、育児を楽しむ余裕は全くありませんでした。

早く娘が成長して育児から解放されたいと何度思ったことか…。

 

周りからはイクメンと言ってもらい嬉しい反面、心は伴っていない状態でした。

そんな状態ですから私は常にピリピリしており、負のオーラを発し、妻とは喧嘩、喧嘩、それでも喧嘩の毎日でした。大きな声をだし、怒りをあらわにし、お風呂でシャワーノズルが飛んでくる…(笑)、離婚という言葉が出る日もありました。

私たちは喧嘩夫婦タイプの様です。(^_^;)

 

 

 

そういった嵐の日々を乗り越えてきたからこそ、今は育児を楽しんでいると言えます。

やっと私がパパになりパパとして家族に貢献できているのかなと。

 

ですからもし読者様で育児に疲れ、夫婦喧嘩が多く今辛い時期にいても、必ず嵐は過ぎますので希望を持ち続けていただけたらなと思います。

 

夫婦の形、育児の形に正解はなく、家庭それぞれですが、誰もが平和で幸せな家庭を築きたいと願っています。

家庭も育児も育むものですので11歩頑張っていきましょう。

 

 

 

 

2018年

7月

30日

お宮参り

先日、次女「ひまり」のお宮参りに明治神宮に行ってきました。

 

家から近いということもあり、「さくら」のときからいつも明治神宮にお世話になっています。

 

ひまりは目と口とまゆげ、そして色の白さがパパ似です。

私がひまりを抱っこしているとそっくりと言われます。

 

私としてはとても嬉しいです!

ひまりも喜んでくれるといいですが・・・。

 

 

 

明治神宮近くのレストランにて。

 

さくらは泣いているひまりを一生懸命あやしてくれました。

テンションの高いさくらは何故か急にアイーンを・・・

 

いったいどこで覚えたのか??

ひまりが生まれてあっという間に1ヶ月が過ぎました。

 

そして「新生児」の時期はほんとに一瞬です。

たったの1週間位だと思います。

その後は新生児というより赤ちゃんになり、ちゃんとした人間です。

 

今回は二人目ということで余裕があるのでひまりの成長を毎日噛み締めることができています。

 

毎日どんどん体重、身長が大きくなり、今では時たま「笑顔」を作ります。

そしてご機嫌のときは一人でもぞもぞして、あーとか声を出します。

 

ひまり~可愛いぞー!!

娘の成長を見守ることができて私は幸せです。