2018年

9月

17日

子供が思うように青汁を飲んでくれない

最近、ご愛飲者様より頂く声に

 

「子供が思うように飲んでくれない」というものがあります。

 

 

我が家ももうすぐ3歳になるお姉ちゃんと

 

4ヵ月の赤ちゃん(次女)がいます。

 

 

お姉ちゃんは離乳食が始まりだした頃からあげていたこともあり、

 

今でも何の抵抗もなく飲んでくれます。

 

 

家にドリンクバーのおもちゃがあり、

 

コップの中身が緑色のものがあります。

 

 

それをお姉ちゃんは”あおじる”と言います。(笑) 

 

 

その位日常的になったものの、

 

カルピスやオレンジジュース、

 

チョコレートなど甘いものを食べるようになった今では、

 

前と違ってあまり青汁を積極的に飲みたがらなくなりました。

 

 

 

小さいうちは健康のためにといっても言うことを聞いてくれません。

 

 

さて、困ったなということで

 

我が家ではあげるタイミングを工夫してみました。

 

 

 

「入浴中」なら飲む飲む!

今まではお風呂上りに一緒に作って飲む

 

というのが習慣でした。

 

(先程の理由から甘い飲み物を欲しがり飲まなくなりました)

 

 

 

そこで「入浴中」に変更しました。

 

お姉ちゃんはお風呂遊びが大好きなのでいっぱい汗をかきます。

 

のどが渇くときならよく飲んでくれるだろうという作戦です。(^_^) 

 

 

結果的には約150mlをごくごく飲んでくれました。

 

 

そして毎日飲む習慣が復活してから、

 

おトイレでもスッキリする日が続いています。

 

 

現在は幼稚園が始まるのでお姉さんパンツに挑戦中です。

 

何度か失敗はありますが根気強く頑張っているところです。

 

 

 

妻が自主的に飲み始めました!(^_-)

さて、次は妻の話です。

 

なんと妻が自分から青汁を作って飲み始めたのです。(>_<) 

 

 

今まで約3年間ずーっと私が作ってあげていました。

 

私が妊娠中の妻とお腹の赤ちゃんのためにと思い作った青汁なので、

 

妻にとってはそこまで思い入れもなく作ってもらって当然

 

という感覚だったのかもしれません。 

 

 

 

きっかけは次女ひまりのお通じが悪くなったことでした。

 

生後2か月までは順調だったのですが

 

3か月目辺りから出ない日が続きました。

 

 

ちょうどその頃、

 

私が青汁を作るのをさぼっていました…汗。

 

 

ちょっと飲む習慣が途切れたら面倒くさくなってしまったのです。

 

(今は復活していますよ!)

 

 

 

最近、青汁を飲んでいないからだ!

次女のうんちがでないと悩んでいた妻は、

 

「最近、青汁を飲んでいないからだ!」と思ったらしく

 

自分で作り飲み始めました(母乳育児)。

 

 

飲み始めて2日後、久しぶりにお通じが出ましたー!!

 

赤ちゃんの場合、お通じが出ると皆で大喜び!(^^)! 

 

 

妻曰く、青汁を飲んでいるときと飲んでいない時では

 

赤ちゃんのお通じの出が違うとのこと。

 

 

それを実感したため我が子のためにと

 

自分から青汁を作って飲むようになったのです。

 

 

やはり飲み続けることが一番ですね。!(^^)!

 

 

 

手前味噌で恐縮ですが本日のブログで紹介している青汁はこちら

 

 

 

2018年

8月

20日

二人目は夫婦喧嘩が減りました。

ひまり」が2か月過ぎた頃から笑ってくれるようになりました!

 

赤ちゃんの笑顔を見たら、こんなにも温かく優しい気持ちになるのですね。

二人目ということもあり「さくら」の時よりもずっと子育てを楽しむ余裕があります。

 

正直、さくらの時は楽しむ余裕はありませんでした。

この大変な時期はいつまで続くのだろうかとそんなことばかり考えていました。

 

 

 

パパなりの葛藤とは

さて、本日はその頃を振り返り私が感じた子育ての苦悩をお伝えしたいと思います。

 

一人目を授かった時、妻から「パパになる準備しといてね」と言われました。

「うん」と返事をした私はいったい何をすればいいのかわからず、?の状態でした。

 

育児書を読むこと?

威厳のある雰囲気を出すこと?

パパらしい服装をすること?

 

特にカラダの変化がない男性からすると、妻のお腹が大きくなっても、エコーで我が子を見ても、今一つ実感がありませんでした。

 

一人目は里帰り出産のため、私が育児に本格参戦したのは3か月目から。

「パパとは」がいまいちわからないまま、私の育児は始まりました。

 

例えば「抱っこ」。

一番簡単そうですがそうは問屋が卸さない。

男性が赤ちゃんを抱っこする場合、ただ抱っこしただけでは赤ちゃんは寝てくれません。

 

 

 

パパが抱っこする時のコツ

男性のカラダは女性と比べて硬くゴツゴツしているので、直接腕で抱っこするよりも赤ちゃん用の柔らかいクッション等を敷いて抱っこするのがベターです。

 

赤ちゃんは体温が高く直ぐに汗をかいて湿疹ができるので、首の下にはタオルを入れます。

 

そして新生児は首がすわっていないため縦抱きはNG、また頭をあまり揺らすことはできないので優しく上下、または横スイング、脚だけ小刻みに揺らすようにします。

 

そして何より重要なことは立って抱くこと、ベストは歩くことです。

さらには赤ちゃんは抱いてほしい時に泣くよーという意味の本泣き前の声を出します。

その時にまだ大丈夫だろうと放置せずに直ぐに抱っこすると後々がとても楽になります。

 

またいつも同じ腕で頭を抱っこするのではなく、定期的に向きを変えて疲労を分散させます。

 

向きを変えるときは赤ちゃんの指が自分のカラダに引っかからないように細心の注意が必要です。

特に眠い時やテレビを見てる等注意散漫な時は特にです。

 

当時はこういったことが全く分からず、抱っこしながら泣き止まない我が子にイライラ、雑に抱っこするから余計に泣く、妻は不機嫌になり喧嘩するという悪循環でした。

 

 

 

シャワーノズルが飛んできたことも

繰り返しですが一人目の時は全てが初体験で、育児を楽しむ余裕は全くありませんでした。

早く娘が成長して育児から解放されたいと何度思ったことか…。

 

周りからはイクメンと言ってもらい嬉しい反面、心は伴っていない状態でした。

そんな状態ですから私は常にピリピリしており、負のオーラを発し、妻とは喧嘩、喧嘩、それでも喧嘩の毎日でした。大きな声をだし、怒りをあらわにし、お風呂でシャワーノズルが飛んでくる…(笑)、離婚という言葉が出る日もありました。

私たちは喧嘩夫婦タイプの様です。(^_^;)

 

 

 

そういった嵐の日々を乗り越えてきたからこそ、今は育児を楽しんでいると言えます。

やっと私がパパになりパパとして家族に貢献できているのかなと。

 

ですからもし読者様で育児に疲れ、夫婦喧嘩が多く今辛い時期にいても、必ず嵐は過ぎますので希望を持ち続けていただけたらなと思います。

 

夫婦の形、育児の形に正解はなく、家庭それぞれですが、誰もが平和で幸せな家庭を築きたいと願っています。

家庭も育児も育むものですので11歩頑張っていきましょう。

 

 

 

 

2018年

7月

30日

お宮参り

先日、次女「ひまり」のお宮参りに明治神宮に行ってきました。

 

家から近いということもあり、「さくら」のときからいつも明治神宮にお世話になっています。

 

ひまりは目と口とまゆげ、そして色の白さがパパ似です。

私がひまりを抱っこしているとそっくりと言われます。

 

私としてはとても嬉しいです!

ひまりも喜んでくれるといいですが・・・。

 

 

 

明治神宮近くのレストランにて。

 

さくらは泣いているひまりを一生懸命あやしてくれました。

テンションの高いさくらは何故か急にアイーンを・・・

 

いったいどこで覚えたのか??

ひまりが生まれてあっという間に1ヶ月が過ぎました。

 

そして「新生児」の時期はほんとに一瞬です。

たったの1週間位だと思います。

その後は新生児というより赤ちゃんになり、ちゃんとした人間です。

 

今回は二人目ということで余裕があるのでひまりの成長を毎日噛み締めることができています。

 

毎日どんどん体重、身長が大きくなり、今では時たま「笑顔」を作ります。

そしてご機嫌のときは一人でもぞもぞして、あーとか声を出します。

 

ひまり~可愛いぞー!!

娘の成長を見守ることができて私は幸せです。

 

 

 

2018年

7月

14日

沐浴

下の娘が生まれてからあっという間に1か月が過ぎました。汗

 

あまりにも早すぎてびっくりです。

この間、バタバタしており全然日記の更新ができず…

 

主に上の娘は私が担当、下の子は妻が担当と別れていますが、たまには私が沐浴を手伝うことも。

 

どの程度の力加減で体をこすってよいかわからず手探り状態で沐浴しました。

 

新生児はどんどん皮がむけていきます。

またこの時期は汗をかきやすいのでしっかり洗ってあげないと、直ぐに肌が荒れてしまいます。

 

1か月を過ぎるとだいぶ顔がスッキリして、お猿さんからしっかり人間らしくなってきます。

 

 

上のお姉ちゃんは赤ちゃん返りすることはなく、一生懸命下の子の面倒を見てくれようとしてくれます。

 

その気持ちだけでとても嬉しいです。

ありがと~(*^_^*)

 

 

2018年

6月

11日

2,800gの元気な赤ちゃんが生まれました!

2018年6月1日に無事に元気な赤ちゃんが生まれました!

今回も女の子です。(^_^)

母子共に健康で生まれてきてくれたことに心から感謝です。

 

 

予定日は6月13日だったのですが、想像以上に早く出てきてくれました。

 

1日(金)の朝起きると妻がちょっとお腹が痛いかもと言って起きてきました。

お腹が少し緩いからそれかなぁと言いつつも、どうやら定期的に痛みが来ているとのこと。

 

週1健診で既にお腹の子は3,000gを超えていて、お医者様からはいつ生まれてきても大丈夫と言われていました。

 

二人目は早くなるともいうし、ついに来たかと心臓の鼓動が早くなりました。

 

朝ご飯を食べながらそんな会話をしていると、先月末から応援に駆け付けてくれている「ばーば」も起きてきました。

 

 

 

大急ぎで準備!

とりあえず病院に電話をしてみたところ、ちょうど健診日ということもあり、早目に来てくださいとのこと。

 

私はお休みを取っていたので、急いでマタニティタクシーに電話して、荷物をまとめました。

(いつ入院しても良いように荷物は準備済み)

 

マタニティタクシーの早いこと!

電話して15分位と言われたのに、3分後には自宅にやってきました!!

これはすごい(*_*)

 

上の娘を大急ぎで起こして着替えさせて、皆で病院に行きました!

 

 

 

入院決定!

2時間位個室にて横になり、モニターを付けて様子を見ていましたが、陣痛で間違いないこと、そして子宮口が開いてきたということで入院が決まりました!

 

場合によっては家に帰されてしまうこともあるので、一安心でした。

 

そこから生まれてくる夜8時台まで妻は陣痛と闘い続けました。

心から感謝です。

 

今回は里帰りではなく東京にて出産なので立ち会う可能性もあったのですが、上の子が前日熱を出してしまったこともあり、私と二人で先に家に帰ることにしました。

 

結果的には妻もその方が気を遣わずに出産に集中でき良かったようです。

 

 

 

2,800gの元気な赤ちゃんが生まれました!

私たちが帰ってから約2時間後に無事に生まれました。(*^。^*)

 

 

 

翌日娘とご対面♡

娘は赤ちゃんと会えて、そしていい子いい子できてとても嬉しそうでした。

日頃からお人形さんでお世話遊びをしているので、きっとこれから一生懸命お世話をしてくれると思います。

 

 

一人目の時は大急ぎで飛行機で九州に飛び、妻と赤ちゃんと対面した時は自然と涙がこぼれてきました。

 

二人目は生まれた翌日ということもありどうかなと思っていたら、対面してまたも自然と涙がこぼれてきました。

 

生まれてきてくれてありがとう。

妻へ、元気な赤ちゃんを産んでくれてありがとう。

 

これから家族4人、協力して頑張って愛が溢れる家庭を育んでいきましょう。(*^。^*)

 

 

さて、妻が出産&入院ということは娘にとっては初めてママと離れ離れで一週間も過ごさなければいけません。

 

長男長女の最初の試練ですね。

 

入院初日は体調がまだ万全でないこともあり、直ぐに私と一緒にすやすやと寝てくれました。

 

ですが翌日からは…

 

 

そのことはまた別の機会にアップさせていただきます。

以上、出産報告でした。

 

2018年

5月

28日

母の日のプレゼント

5月13日は母の日でしたね。

 

今回は娘が2歳になって、言葉をだいぶ話せるようになったということで、ママがあっと喜ぶものをプレゼントしようと少し前から考えていました。

 

できたら「商品」ではなく「心」や「想い」が届くような何かを…。

 

 

そこでまずは定番のお花を。

近所の商店街にて「プリティー」というお花を購入しました。

 

 

 

さて、次に「心のプレゼント」ですがこれは娘の「動画メッセージ」を作りました。

 

娘が言葉を話せるようになってきたので、

下記のような言葉を言ってもらい、編集しました。

 

「まま、ありがとう。ままいつもありがとう。

 

ままだいすき。ばいばいー」

 

 

実際にはもう少し長いのですがこんな感じです。

 

動画もお見せしたいのですが、プライベート感満載なのでここでは割愛します。

 

この動画はとても喜んでくれたようでいつも見ているそうです。(*^。^*)

 

 

 

初めてのデート

さて、この写真は私の宝物なのですが、母の日の翌週末に初めて娘と二人きりでプチ遠出に行きました。

 

場所は新宿御苑ですが、おもちゃイベントがあるということで二人きりで行ってきました。

 

ベビーカー無しで電車移動、

 

御苑まで抱っこしたりで歩いて到着、

 

太陽の下でおもちゃイベントで遊ぶ、

 

大きな木の下でランチ、

 

御苑散歩してから帰宅と充実の一日でした!

 

娘は2歳ながら木の下で横になるという贅沢を理解したらしく、

ランチ後は私の腕枕で横になってくれました。

 

とにかくこれが嬉しくて写真を撮りました。(笑)

 

娘よ、ありがとう!

また一緒に遊びに行こうね。

 

 

さぁ、いよいよ第二子出産予定日まで約2週間となりました。

 

今は母子共に健康で元気な赤ちゃんが生まれてきてくれることを祈るばかりです。

 

今回は里帰り出産ではなく、東京で産むために、新生児のお世話を最初からできそうです。

 

お腹の赤ちゃん、パパは待ってるよ~。(^_^)

 

 

 

2018年

5月

07日

こどもの日は多摩動物園

今日の通勤電車はいつもより混んでいたように感じました。

 

実は最近通常よりも1時間ほど早く出勤しています。

というのも英会話の勉強をするためです。

 

なかなか帰宅後、または休みの日に英語を勉強する時間を作れないため、早く出勤することにしました。

 

なんとこれが私には合っていていまのところ続いています。

そして朝英会話できるととても気分が良いのです。

 

この調子で毎日頑張りたいと思います。

 

 

さてゴールデンウィークはどこにでかけましたか?

 

今年は妻がもう妊娠後期ということもあり、遠出ではなく近場に遊びに行きました。

 

こどもの日には「多摩動物園」に行ってきました!

去年も同じ日に同じ場所に。

 

なぜって入園料が無料だからですw。

 

娘は2歳なので去年とは違って動物を見てとても喜んでいました。

 

 

まずはチーター

多摩動物園はとても広いです。

そしてアップダウンが激しいです。

 

運動靴を履いて本気で歩く準備が必要です。

 

入って直ぐにアフリカ園を目指したのですが、最初の動物チーターを見るまで、いったいどれだけ歩いたか…

 

チーターを見るなんていつ振りでしょう!

小さい頃に見たきりで記憶がないですが、大人になって久しぶりに見るといいですね。

思っていたよりチーターは小柄なんですね。

そして写真よりも脚が長く見えます。

いかにも足が速そうです。

 

 

タイガー

これは雌です。

メスは思っていたよりも小柄。

そして写真は撮っていませんがオスは別のところにいて、間近で見ることが出来ました。

 

それはとてもとても大きかったです。

娘は本能でわかったのかとても怖がっていました。

 

私はタイガーがとても大好きです。!(^^)!

 

 

ライオン

写真の通りかなり上から見ました。

 

というのもとても残念なことにライオンゾーンは長期の工事でこうやって上からしか見ることが出来ません。

 

去年も工事中で1年が何が進んだのか全く分かりません…(*_*)

この分だと来年も工事中の可能性が…

 

早く見たいです。

 

 

ここまでは肉食動物ばかりでこれは私の見たいものでした。

 

ここからは草食動物です。

 

アフリカゾウはちょうど食事中なのか草をむしゃむしゃ食べていました。

アフリカゾウはとても大きくて迫力満点です。

 

 

こちらはアジアゾウです。

アフリカゾウと比べると小柄で、優しい印象です。

 

この日は頭を揺らしてリズムを取っていました。

 

 

お馴染みのカンガルーです。

 

写真は取っていませんがコアラも見に行きました。

 

 

こちらはトナカイです。

トナカイはとても大きいんですね!

 

大きくてびっくりしました。

 

 

来年もまた会いに行くよ~

その他にもキリンさん、ムフロン、チンパンジー等いろいろな動物を見ることが出来ました。

 

2歳の娘にとっては初めて見る動物ばかりでしたが、とても良い刺激になり楽しかったようです。

 

翌朝起きた時、妻に「動物園楽しかったね」と言って起きてきたそうです。

 

よし、来年もみどりの日に動物園に行こう!(*^。^*)

 

 

2018年

4月

18日

妊娠28W

この写真は28Wのときのものです。

現在は33Wで更にお腹が大きくなってきました!

 

最近はよく動くので私もお腹を触って赤ちゃんを感じることができています。(^_^)

二人目のほうがリアリティーを感じることができるので、なんかドキドキしますね。

 

さて、いよいよ娘との3人生活もあと少しでお終いです。

やり残しがないように帰宅後とお休みの日は娘といっぱい遊びたいと思います!

 

 

 

2018年

3月

26日

イヤイヤ期

娘は二歳四か月ですがまさに今イヤイヤ期です。

 

ご飯食べるよ~

 

食べないー

 

 

お着替えするよ~

 

やだー

 

 

公園行くよ~

 

行かないー

 

 

寝るよ~

 

やだー

 

 

本当は食べたいし遊びたいし、でも常に逆のことを言う。

唯一、大好きなチョコだけはとても素直です。(笑)

 

この時期はそういうもの。

親として余裕があるかどうかを試されている気がします。

 

こちらが怒ったからと言って素直になるわけではない。

こちらが我慢強くすることで直るわけではない。

 

子どもはたったの二歳。

精神的成長を待つとき。

 

だからそういう時期と受け入れる余裕が大事!

 

 

あたまでわかっていてもそういかない…涙

親だって人間で感情でいきてるから

 

頑張ろう 全国のママ、パパ(*^。^*)

 

 

2018年

3月

09日

横浜市磯子区のお客様の声 産後骨盤矯正

先日、4回コースを終えられたお客様より動画感想を頂戴しましたのでシェアさせていただきます。

 

 

Q:ママの骨盤矯正を選んだ理由はなんですか?

 

A:やっぱり女性の先生が家まで来てくれるというのが一番でした。

小さな赤ちゃんを連れての移動は大変で、保育施設付きの整体等もありましたが、

準備を含めそこまで行く労力とストレスを考えると家まで来ていただけるのが本当にありがたかったです。

また、施術中もいつもと変わらないお世話ができるので安心してお任せすることが出来ました。

 

 

 

Q:産後の辛い症状を教えてください。

 

A:一番は恥骨の痛みでした。

骨盤ベルトを締めて何とかごまかしていたんですけれど、一時期は歩くのも辛かったです。

 

 

 

Q:骨盤矯正後、その症状がどのように変わりましたか?

 

A:恥骨の痛みがなくなって、違和感は少し残っているかなくらいにまでぐっと軽減しました。

バンドもいらなくなって、2度目くらいからそれを実感することが出来ました。

また、外向きだった脚が内側に、揃えて歩くことが出来るようになりました。

 

 

 

Q:この骨盤矯正はどんな方にお勧めですか?

 

A:出産後全ての方にお勧めだと思います。

私は一人目を産んだ時から骨盤の形が変わったなということを自覚していたんですけれど忙しすぎて、

また、外出するのがとても自信がなくて結局整体を受けることが出来ませんでした。

そのために出産後ずっと生理の度に恥骨の痛みに悩んだり、妊娠中もずっと痛かったですし、

二人目の出産後はもう本当にとても痛い思いをしたんですけれども、

一人目を産んだ時にきちんとケアをしていればここまで苦しくなかったんじゃないのかなと思っています。

 

 

 

 

嬉しいお声を頂き感謝です。

有難うございます。(*^_^*)

 

引き続きママさんのお役にたてるように精進していきます。

 

 

 

 

2018年

2月

13日

港区の産後骨盤矯正 お客様の声

私たちは東京23区、横浜市、川崎市に出張にて産後骨盤矯正を行っています。

 

先日、4回コースを終了したママさんのより喜びの声を頂戴したのでその紹介です。

 

まずは動画をご覧ください。!(^^)!

 

本文はこちら

↓↓

 

Q:ママの骨盤矯正を選ばれた理由は何ですか?

 

出産をしてから腰の痛みが酷くて悩んでいました。
初めての育児で赤ちゃんを外に連れて行けないので、家まで来てくれる骨盤矯正を探してたんですけど、ちょうどフェイスブックの広告をみて、「これしかない」と思って受けることにしました。

 

 

 

Q:産後の辛い症状、お悩みを教えてください。


一番辛いのはやはり腰の歪みからくる歪みと肩と首のコリが酷かったのが悩みでした。

 

 

 

Q:骨盤矯正後、何が変わりましたか?

骨盤矯正を受けた後は痛みが落ち着いてきて姿勢もよくなり、体がすごく楽になりました。正直産後のお腹もブヨブヨで、お腹周りも気になっていたんですけどスッキリしてすごく嬉しかったです。

 

 

 

Q:この骨盤矯正をどんな方にお薦めしたいですか?


腰の歪みが取れるだけで育児が楽しくなりました。
赤ちゃんはあっという間に大きくなるので、少しでも楽しんで育児ができるのはやっぱり体が楽じゃないとダメだと思います。出産をした全ての方にお勧めしたいです。

 

 

 

このようなお声を頂き本当に嬉しいです。

 

本日も頑張ります!