骨盤矯正で産後の歪み・腰痛は本当に改善するの?

実は「一般的なカラダの歪みからくる腰痛」と「産後の歪みからくる腰痛」は全くの別物です。

 

一般的なカラダの歪みからくる腰痛とは

日常生活での悪い姿勢や疲労の蓄積による歪みです。

この歪みは立ち仕事やデスクワーク等お体のくせや生活の傾向からくるものです。

 

産後の歪みからくる腰痛とは

産後の骨盤の歪みは、分娩時のダメージからだけではなく、妊娠中からでるホルモンの影響や体型の変化、お体の使い方から影響を受けたものです。

 

 

妊娠-出産でどうしてカラダが歪むの?

妊娠中-分娩時-産後にどのような影響を受けるか説明します。

妊娠中(妊娠初期-中期-後期)は赤ちゃんの成長や分娩に向けて出るホルモンの影響を受け靭帯・関節が緩くなり、お腹に重みも出てきて、体型の変化や悪い姿勢の影響を受けやすくなります。赤ちゃんの成長とともに体重が増え、通常の日常生活でもカラダに負担がかかり、腰痛、膝痛といった症状がでやすくなります。

分娩時は、お腹の赤ちゃんが出てきやすいように靭帯・関節が最大限に緩み、骨盤も産道を通る赤ちゃんの動きに合わせて動くので、お体全体にダメージを受け、骨盤に歪みが生じます。

 

放っておくと腰痛&妊娠体型のままに…

産後もしばらくはホルモンバランスが崩れ、靭帯・関節が緩い状態が続くので、骨盤はグラグラ、無理な姿勢での授乳や抱っこによって腕や肩はパンパン、放っておくと妊娠中の姿勢がそのまま残り、慢性疲労の原因にもなります。

そしてそれが腰痛、肩こり、膝痛といった不調になり、またそれが引き金となり代謝が落ち、出産したのに妊婦体型のまま&体重も落ちないといった悪循環になります。

 

産後専門の骨盤矯正なら改善できます!

産後専門の骨盤矯正では、先に説明したような妊娠・出産による歪みや不調の改善が可能です。

 

ここでは産後ママさんが一番悩まれている3つの症状を例に挙げ、説明します。

 

1.腰痛の改善!

図1
図1

産後は腰痛に悩まれているママさんがとても多く、その1番の原因は「骨盤前傾による腰痛」です。

骨盤の前傾(図1 右参照)は妊娠中、お腹の重さを支えるために骨盤が前側に傾いてしまう歪みで、無意識のうちにバランスを取ろうとし腰を反ってしまうために背骨・腰に負担がかかります。

 

●骨盤前傾による腰痛の特徴

・元々腰痛はなく妊娠中 or 産後から痛くなった
・前かがみになると痛む(お子さんを抱き上げる時や顔を洗う時に痛みませんか?)
・背中や肩甲骨の下の辺りが張っているように感じる
・立ち上がる時・歩く時に膝に痛みを感じる

この腰痛は骨盤の歪みが原因で引き起こされている腰痛ですので、骨盤の歪みを矯正することで改善します。

 

2.首・肩こりの改善!

産後ママさんの中で悩んでない方はいないほど、多いお悩みが首・肩こりです。

 

原因は、骨盤の歪み、猫背等の姿勢不良、妊娠中から出るホルモンと様々。

骨盤に左右の高さ違いや前後の歪みが出ると、繋がっている背骨が影響を受け、無意識のうちにバランスを取ろうと、肩に左右の高さ違い、前後の歪みが表れます。

 

この時に背骨や肩甲骨周りの筋肉、肩に負担がかかることで疲労が蓄積され、コリ固まってしまうのです。

 

また、授乳や抱っこにより肩が内側に入り込む姿勢や猫背、頭の重さで首が前傾することも、首・肩に負担がかかり、首・肩こりの原因になります。(図1 真ん中参照)

 

 

 

3.産後の体型改善!

ほとんどの産後ママさんがお尻が大きくなった、ズボンが履けなくなるといった、体型の変化に悩んでいます。

その原因は「大転子」の横への張り出しです。

図2
図2

大転子は大腿骨の一部で、脚の付け根の外側の出っ張った部分。

骨盤を支えたり、股関節の動きをた出す小臀筋(しょうでんきん)・中臀筋(ちゅうでんきん)などの筋肉がついています。

 

 

●大転子が横へ張り出している人の特徴

・骨盤のところでズボンが引っ掛かる

・お尻が四角い

・下半身が浮腫む

・下半身太り

・足にだるさを感じる

 

大転子を正しい位置に矯正すること、骨盤周りの筋力を回復していくことで、産前のズボンが入るようになったり、お尻がキュッと丸く小さく引き締まったりと改善していきます。

 

 

 

実際にこんなに改善しました!

実例1
実例1
実例2
実例2

体型では最大でウエスト-14.5㎝!

4回コース終了後(約2か月前後、体験入れて5回の施術)、体型にこんな変化が出ています。

 

・2017年

ウエスト(おへそ):平均-4.4cm 最大-12cm

ヒップ:平均-2.7cm 最大-11.5cm

 

・2016年

ウエスト(おへそ):平均-4.01cm 最大-14.5cm

ヒップ:平均-1.67cm 最大-9cm

 

※2016ー17年度中に4回コースを受けられ、かつ周囲径を測定した643人のママさん調べ。

※産後の不調改善をメインに行っており、周囲径には個人差がありますことを予めご了承ください。

 

 

 

産後の骨盤矯正で改善できる他の症状

その他にも恥骨痛、尾てい骨の痛み、股関節痛、ひざ痛、足首痛、背中の張り感、体重増加、尿漏れ、浮腫み、冷え、便秘、頭痛、疲れが抜けない、倦怠感といった症状の改善が期待できます。

 

なぜなら、これらの症状は妊娠・出産による骨盤の歪みが原因で引き起こされている産後特有の症状だからです。

 

産後のお体は想像以上に骨盤が開き、靭帯・関節・筋肉も緩くなっています。

今は不調を感じていなくても放っておくと、お尻が大きくなり、太ももが太く、下腹もポッコリした妊娠中の体型が残ってしまう恐れもありますので、この機会にしっかりと矯正し産前の体型に戻していきましょう。

 

 

 

最後に心の面のお話です。

産後はホルモンバランスが崩れるため、ママさんの気持ちにしっかり寄り添う必要があります。

約10か月の間、赤ちゃんをお腹で育て上げ、もう心も体も限界という所で出産を迎えます。

 

そこで命をかけた大仕事をやり遂げます。

しかし、出産はゴールではなく、スタートです。

赤ちゃんを産んだその日から休むことなくママとして育児がスタートします。

そのめまぐるしい変化に戸惑ってしまうママさんがほとんどです。

 

ですから産後骨盤矯正を行う側も、そのママさんの気持ちに寄り添って施術を行う必要があります。

こういった心の寄り添いができるのも産後骨盤矯正の特徴です。

ぜひ、産後は産後骨盤矯正に頼って不調を解消してください。